基礎化粧品の種類と役割そして使う順番

基礎化粧品はメイクをするための化粧品ではなく、スキンケアのための化粧品でさまざまな種類があります。
基本的な順番は化粧水の後に美容液、次に乳液最後にクリームです。
基礎化粧品をすえて同じメーカーの同じブランドで揃えることをライン使いと呼ぶこともあります。
こだわりがありライン使いをしている人もいますが、違うメーカーなどを使っても問題はないです。
重要なことは自分の肌に合った順番が使って、順番を守ることが大切です。
基礎化粧品の役割が異なり働きを活かすためには正しい順番を守ることは大切なことです。
化粧水は洗顔後に失われた保湿成分を補水させるために使います。
化粧水がしっかり角質層まで浸透すると次に使う基礎化粧品の浸透力がよくなります。
化粧水は洗顔後すぐに使うことが大切です。
美容液はシワや乾燥など気になる肌トラブルに有効成分を肌に与えます。
保湿や美白など目的に合わせて集中ケアを行います。
最低限のスキンケアをしたいというときには省いても大丈夫です。
乳液は油分と水分をバランス良く配合されていて、保湿をしながらも油分を補います。
クリームは乳液よりも油分が多く含まれていて、化粧水や美容液、乳液などの肌に与えた有効成分を逃げないようにするフタの役割があります。